このブログは、子供のいない夫婦が一緒に仕事をしたり、時には別々の仕事をこなしながら、楽しくもハードな生活を送っている様子を恐妻家の夫が綴ったものです。

ブロック崩し

:2017/03/30

妻と私はお互いの休みが重なる時、旅行に行くことがあります。

別に豪勢な旅行ってわけではないんですが、普段忙しいので、たまにはのんびりしようって意味合いの旅行です。

 

少し前の話ですが、ある年の冬、妻と一緒に温泉地へ旅行に行ったことがありました。

有名な温泉地でなく、山間にあるひなびた温泉をわざわざ探しました。

その年は非常に寒く、何度も雪が降ったので、きっと雪が積もっているはずです。

雪道の運転に慣れていない私はちょっと不安でしたが、妻がどうしても車で行きたいというので、しょうがなく車で行きました。

 

案の定、途中からガンガン雪が降ってきます。

さすが豪雪地帯って感じの降りかたで、私は景色を楽しむ余裕など全くありません。

運転に必死です。

途中の街中でも歩道の縁石に乗り上げたり、溝に落ちたりして身動きできなくなった車を何台も見かけました。

その度に緊張したのを覚えています。

 

やっとのことで温泉に着き、ホッとして部屋に入ると、ひなびた温泉地だけあって古めかしい部屋です。

しかも懐かしいゲーム「ブロック崩し」が置いてあります。

昔のゲームセンターに置いてあったような形のもので、お金を入れなくてもできるようになっていました。

 

それを見た妻は、着替えもせず、いきなりブロック崩しをやり始めます。

私は運転で疲れてるのに、一人できゃあきゃあ言いながらゲームに夢中です。

ゲームは一人でしかプレイできないタイプのようで、二人で対戦などはできません。

 

私は疲れていたので、ともかく温泉に入りたく、なんとか妻をなだめました。

 

そして温泉から出て、食事の前にブロック崩し。

 

食事を食べ終わるとすぐにブロック崩しです。

 

私はあまりにも退屈だったので、ちょっとだけやらせてもらいましたが、すぐにゲームオーバーになってしまいます。

その途端、今度は妻が延々と独占します。

 

部屋には布団が敷かれており、退屈な私は布団の中からゲームの様子を見るしかありません。

せっかくの旅行なのにそのまま寝てしまうと、一体何しにこんな所まで来たんだってことになるので、頑張って起きているつもりでした。

ですが寒いし、運転にも疲れていたので、すぐに寝てしまったようでした。

 

しばらくして気が付くと、妻がまだブロック崩しをやっています。

時計を見ると、もう朝方…。

「何やってるの!」

「早く布団に入らないと風邪ひくよ!」

「いいかげんゲームやめようよ!」って言うと、

「いいでしょ! 面白いんだから!」

「ゲームぐらい好きにやらせてよ!!」

「あなたは寝てればいいのよ!!」

と顔を真っ赤にして怒り、その顔色のままゲームを黙々と続けていました。

 

結局朝までゲームを続けていたようで、翌日の車中ではひたすら寝ていました。

 

妻は山奥の温泉にブロック崩しをしに行き、私はただそれを見るために雪道を運転した旅行でした…。

 

 

でも…

たまの休みに温泉地に行った時ぐらいはゆっくり寝かせてくれる…

こんな妻のことが大好きです。。。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*

セロリ

:2017/03/29

妻は多くの女性と同じように、何度もダイエットに取り組んでいます。

私が知っている限りでも、話題になったダイエットは全部やってるはずです。

 

一時、炭水化物を取らないダイエットが流行りました。

ご存知の方も多いと思います。

妻もやっぱりやっていましたが、炭水化物の代りに何で満腹にするかが問題です。

 

その時は徹底的に鍋料理でした。

野菜に鶏肉や牛肉、魚などを入れた鍋だけを大量に食べていました。

ごはんを炊いても私しか食べないのも面倒だし、私も一緒に鍋ダイエットをさせられる羽目になりました。

 

あ…鍋は、ほとんど私が作らなければならなかったんですが…。

 

でも、いつも鍋ではさすがに飽きてきます。

鍋の中身や味付けを色々変えてみるんですが、野菜と肉類って基本パターンは変わりません。

「何だか飽きてきたね」って言うと、

「そうかな? 私はそうでもないよ」

とは言うものの、妻も正直なところ、飽きているのがありありと分かります。

きっと自分のダイエットのためだからって思って辛抱していたんでしょう。

 

そんなある日、私が家に帰ろうと、その当時住んでいた高層マンションのエレベーターを降りると、どこかの部屋で漢方薬でも煎じているのか、強烈な匂いが漂ってきました。

思わず鼻を摘まみたくなるような強烈な匂いです。

 

すごい匂いだなぁって思いながら自宅の部屋に向かうと、ますます匂いが強烈になってきます。

これはきっと、隣の部屋の女性が漢方薬でも煎じてるんだろう…。

迷惑だなぁって思っていました…。

 

そして部屋の扉を開けると、途端に目も開けていられないほど強烈な匂いが襲ってきました。

部屋中に匂いが充満しています。

「た…ただいま…」

「どうしたの、この匂い」って叫ぶと、妻が玄関まで飛び出してきて、

「セロリを煮てるのよ、鍋に入れようと思って」って言うではないですか…。

 

さすがにこの匂いには耐えられず、すぐに鍋の火を止め、窓を全開にしました。

 

「なんでセロリなんか入れるの?」って聞くと、

「だって、いつも同じ野菜ばっかりじゃ飽きるって言ってたじゃない!」

「セロリを入れたらきっと美味しいって思って作ってあげてるのよ!」

「あなたのことを考えて作ってあげてるんだから!」

と顔を真っ赤にして怒鳴ります。

 

でもさすがにこの匂いには妻も参っていたようで、

「セロリを煮ても美味しくないから、やめようよ…」

「私が作るから…」って言うと、

「せっかくセロリ、買ってきたのに…」とトーンダウンしました。

 

その日も結局私が鍋を作りましたが、

妻は気恥ずかしかったのか、一言も話さず、もくもくと鍋を食べていました…。

 

皆さん、セロリは決して煮てはいけません。

近所迷惑です…。

そして二・三日は匂いが取れません…。

 

 

でも…

私のために新しい鍋に挑戦してくれる、

こんな妻のことが大好きです。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*

ゲリラ豪雨

:2017/03/28

妻と私の生活リズムは、全てそれぞれの仕事に委ねられています。

なので、お互いの生活リズムが全く違うこともあるわけです。

 

妻が普通に朝起きて夜寝るって生活リズムの時に、私が夜中から翌日お昼過ぎまで仕事をして、夕方から寝るってパターンになったことがありました。

そんな場合でもほとんど私が買い物に行っていましたが、睡眠不足が続き、ちょっとゆっくり寝てしまったある夏の日のことです。

 

いつもは夕方に買い物に行けるよう、目覚ましをセットしているのですが、その日は目覚ましにも気が付きませんでした。

 

妻は目覚ましの音に気が付いて、それでも起きてこない私の様子に寝かせておいてやろうと思ったのでしょうか。

それともお腹が空いてイライラしていたんでしょうか。

珍しく、自分からすすんで買い物に行ったようでした。

 

一方私は妻が買い物に出たことも知らず、熟睡していました。

 

目覚ましの音にも気が付かないほど熟睡していた私は、何かふと嫌な予感がして目が覚めました。

本当に予感としか言いようがありませんが、何だか気になって目が覚めたんです。

 

時計を見ると結構遅い時間です。

あ!しまった!

早く買い物に行かなくちゃって思った途端、雨の音がし始めました。

雨音から、大粒の雨ってことが分かります。

 

きっと妻はお腹を減らしているはずですから、寝過ぎてしまったこと、すぐ買い物に行くってことを伝えようと妻の部屋を覗きました。

でも部屋は真っ暗です。

 

もしかして買い物に行ったのかもって考え、慌てて玄関を見ると、妻のスニーカーがありません。

でも傘は置いてあります。

 

こりゃ雨で帰れないんだって思い、私と妻の傘二本を持って家を飛び出しました。

雨はまさしくゲリラ豪雨で、私が起きた時よりも強くなっています。

 

妻はきっと近所のスーパーに向かっているはず。

そう思って、小走りでスーパーに向かおうとすると、道の向こうからどよんとしたオーラを身にまとった妻がうつむき加減で歩いてきました。

見るともうずぶ濡れです。

 

慌てて傘を差しかけ、買い物の荷物を全部持ちました。

「もうちょっとだけスーパーで待っててくれたら迎えに行けたのに」って言うと、

「あなたは寝てるし、お腹が空いたから買い物に行ったのよ!」

「どうして今頃来るの?!」

「来るんだったら、あと5分早く来てくれたら濡れなかったのに!!」

「あなたって、いつもちょっとどんくさいわよね!!」

とゲリラ豪雨で薄暗くなった中でもはっきりと分かるぐらい顔を真っ赤にして怒ります。

家にたどり着くまではもちろんですが、家に着いてタオルで拭く間も、食事をしている時も、私は小さくなって謝ってました…。

 

結局…

妻の中で、私はどんくさい、つまり要領が悪いという結論になったそうです。

ゲリラ豪雨さえなければ、こんなことにはならなかったのに…。

 

 

でも…

少しでも私を寝かせておいてあげようって思ってくれる、

こんな妻のことが大好きです。。。

 

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

*

著者

最近の投稿

  • ブロック崩し

    2017/03/30

    妻と私はお互いの休みが重なる時、旅行に行くことがあります。 ・・・

  • セロリ

    2017/03/29

    妻は多くの女性と同じように、何度もダイエットに取り組んでいま・・・

  • ゲリラ豪雨

    2017/03/28

    妻と私の生活リズムは、全てそれぞれの仕事に委ねられています。・・・

  • ごはん

    2017/03/27

    本当は別のテーマで書くつもりでしたが、今日あまりにもハードな・・・

  • お弁当

    2017/03/26

    いくら忙しくても、食料は買いに行かなければなりません。 普段・・・

  • コーヒーショップ

    2017/03/25

    妻と私は同じプロジェクトの仕事をすることもありますが、 基本・・・

  • 洗濯物

    2017/03/25

    妻と私は仕事が忙しくなると、昼間寝て、夜中に仕事をすることが・・・

  • ゴキブリ

    2017/03/23

    妻は虫が大嫌いです。 女性で虫が好きな人はいないかもしれませ・・・

月別投稿記事